レゴはお子さんの玩具か、大人の玩具か!?

三男の遊具として何年も前にレゴをヘルプしました。デュプロ(レゴの狭苦しい乳児照準)から、ステップアップして普通のレゴを買った時折、ちょこっと嬉しかったです。いまだに三男が4年齢3月頃のうちでした。車が大好きな三男に、ちっちゃな車両の入った簡単な一式と購入したのがはじまりで、少し数か月で、まったく苦しいものを出来るようになりました。
最初は乳児の遊具としての認識しかなかったのですが、こういうレゴの小さな部分に各自オリジナリティーがあって、正に面白いのです。乳児が好きで買い与えているうちに部分の種類もかなり豊富になりました。乳児と共に誕生教本にはないものを工夫して様々なものを創るようになると、その個性的な部分をどんなに上手に工夫して使うかで創作の品質に差が出るのです。
いつのまにか、レゴのメニューの絵図やお職場に飾ってあるでき上がりを見て、まだまだ欠ける部分があるか何とか、使えそうな部分があるそうか、もはや持ち合わせる部分がいかなる使われ方をしているかどうかを観察しながら、新しいものを選んで買うようになりました。
一緒に製作しているとたまたま内面にはまってしまい、今までにない嬉しいものが出来て、またそれが動いたり始める物品だったりすると「ほら、みてみて!」と乳児に自慢してしまう。
乳児に実情を合わせて遊ぶというより、自前開発の日数を楽しんでいます。審査通りやすい消費者金融でキャッシングするには?